平成28年度 基本方針

はじめに
 
茨城県小学生バレーボール連盟は、「ど真ん中に子どもがいるバレーボール」をキャッチフレーズとして、バレーボールを通じて<つなぐ力>を広め、人間力を育てる役割を担っていきたいと思っております。

子どもを育てることが、大人(指導者・保護者・役員)の役割です。
(1)指導者は、「理想の指導者」を目指し、「育てる子どもの姿」を実現させます。
(2)保護者は、子どものよき理解者であると同時に、無理な指導から子どもを守る支援者です。
(3)役員は、自らの役割を自覚し、競技運営力を高め、どきどきわくわくするバレーボールの研究を進めます。

新たにバレーボールを始める子どもを増やすことや競技人口を減少させないことに力を注ぎます。
(1)体罰、暴力など、子どもや保護者など周りで見ている人を不快に感じさせる言動をなくしていきます。
(2)バレーボールの果たす役割を、子どもの成長過程に応じて常に考えながら、発達段階に応じた指導を進めていきます。
(3)低年齢層への普及に加え、障がいのある子どもたちへもバレーボールの素晴らしさを伝えます。

ファミリーマートカップ第36回全日本バレーボール小学生大会を発展させていきます。
(1)すべての子どもがコートでプレーし、バレーボールの楽しさを味わい、人間力の育成を行います。   
(2)限られた予算を有効に活用し、参加したすべての子どもたちの記憶に残る運営を行います。
(3)支部大会を勝ち抜き、県大会、さらに全国大会に出場したチームには、スポーツの素晴らしさを他のチームに伝える役割を担うことを求めます。

県小連の組織を、時代のニーズに合わせて強化していきます。
(1)中体連や高体連、その他のスポーツ団体等と協力し、子どもを取り巻くスポーツ環境を創造していきます。
(2)常に経費の見直しを行い、子どもに関する経費への投資を行います。
(3)指導者、保護者への啓発事業への投資を行います。
(4)協賛いただいている企業との協力強化に努めます。